愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 
テーマ展
予告
「大型器台とその時代 ―西部瀬戸内の弥生文化圏を探る―」
開催期間 平成29年9月30日[土]~平成30年2月25日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
会場 考古展示室
休館日 月曜日
(ただし第1月曜日は開館、翌火曜日が休館。祝日及び振替休日にあたる場合は、直後の平日が休館)
観覧料:常設展観覧券が必要
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 平成29年3月に愛媛県指定有形文化財(考古資料)になった「大型器台」という弥生土器から当時の西部瀬戸内の文化圏を探ります。大型器台の歴史的・文化的な価値や西部瀬戸内の個性豊かな弥生文化について学ぶ機会になれば幸いです。

展示構成
①器台とは / ②大型化する器台 / ③大型器台のデザイン /
④大型器台とマツリ / ⑤大型器台の分布圏 / ⑥大型器台のその後

主な展示資料
  • 松山市土壇原北遺跡出土大型器台(県指定文化財/当館保管) 【画像1】
  • 松山市北井門遺跡2次調査出土大型器台(県指定文化財/当館保管) 【画像2】
  • 松山市福音小学校構内遺跡出土器台(松山市立埋蔵文化財センター蔵)
  • 松山市土壇原Ⅵ遺跡出土銅鏡(当館保管) 【画像3】
  • 松山市北井門遺跡2次調査出土弥生土器(愛媛県教育委員会蔵)
  • 松山市束本遺跡9次調査出土弥生土器(松山市立埋蔵文化財センター蔵)
  • 西予市坪栗遺跡出土大型器台(西予市教育委員会蔵)
  • 今治市妙見山1号墳出土特殊器台(今治市藤山歴史資料館蔵)
  • 今治市相の谷1号墳出土円筒埴輪(当館保管)

【画像1】
【画像2】
【画像3】

関連事業
考古講座
開催日時・場所 講座名・講師
平成29年11月23日[木・祝
13:30~15:00
第1・2研修室
「松山平野の弥生土器を用いた儀礼」
梅木 謙一氏((公財)松山市文化・スポーツ振興財団松山市考古館)
平成30年2月3日[
13:30~15:00
第1・2研修室
「大型器台の美と文化財としての価値」
谷若 倫郎氏(愛媛県教育委員会文化財保護課)

講演会 〈愛媛・大分交流講座〉
開催日時・場所 講座名・講師
平成29年12月16日[
13:20~16:05
多目的ホール
「鼎談!大型器台から探る弥生時代の豊予交流」
下條 信行氏(愛媛大学名誉教授)
坪根 伸也氏(大分市教育委員会)
松村 さを里氏((公財)愛媛県埋蔵文化財センター)

※事前申し込みが必要です。詳しくは博物館までご連絡ください。
>>お申し込みはこちら





予告
愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会文化プログラム

「相撲の歴史と民俗 ―館蔵品を中心に―」
開催期間 平成29年9月30日[土]~11月26日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
会場 文書展示室
休館日 月曜日
(ただし第1月曜日は開館、翌火曜日が休館。祝日及び振替休日にあたる場合は、直後の平日が休館)
観覧料:常設展観覧券が必要
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 日本の相撲は古代から連綿と長く続く競技で、奈良、平安時代には宮中での行事としても行われ、江戸時代には庶民の間にも普及し、親しまれてきたスポーツです。これは他に例を見ないもので、明治42(1909)年に両国の相撲常設館が「国技館」と命名されて以降、「相撲は国技」であると広く定着しています。
 愛媛県は、江戸時代の伝説の力士「石槌島之助」(新居浜市出身)、第39代横綱前田山英五郎や元大関・朝汐太郎(ともに八幡浜市出身)、元関脇・玉春日(西予市出身)など大相撲で活躍した力士を多く輩出しています。また、相撲に関する地域文化も大山祇神社の一人相撲(今治市)、野村の乙亥相撲(西予市)、秋祭りの子ども相撲練り(南予各地)、闘牛(牛の突き合い習俗、南予各地)など各地に見られ、相撲に親しむ文化が継承されてきたといえます。
 平成29年「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」(第72回国民体育大会)では、当館が位置する西予市において、相撲(全種別)が乙亥の里乙亥会館(西予市野村町)で開催されます。この機会に愛媛の相撲に関する歴史・文化を広く知っていただこうと、館蔵資料を中心として本展を開催する運びとなりました。

主な展示資料 (展示資料約70点)

錦絵(初代朝汐太郎)
横綱前田山・大関朝汐太郎(共に八幡浜市出身)など愛媛県出身の大相撲力士の資料を展示します。
西條誌巻十六(石槌島之助)
江戸時代に活躍した伝説の力士・石槌島之助(新居浜市出身)・陣幕島之助(松山市三津出身)の資料を展示します。

南予の子ども相撲練り
大三島の一人角力や南予の子ども相撲練りなど、愛媛県内の相撲に関する地域文化(神事・民俗芸能)を紹介します。
日本書紀(野見宿禰の伝説)
相撲の起源に関する古代史料や、奈良、平安時代の宮中での年中行事「相撲節会」に関する資料を紹介します。


トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)