愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 
テーマ展
「瀬戸内の海人たち」
開催期間 2019年1月19日[土] ~ 9月1日[日](※会期延長)
開館時間 9:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
会場 考古展示室
休館日 月曜日(但し、第一月曜日は開館、翌日休館・春休み期間中は無休) >>年間休館日カレンダーはこちら
観覧料:常設展観覧券が必要
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 近年の考古学的調査研究成果に基づき、弥生時代から古代の瀬戸内海に生きた人びとの生業及び海上交通について紹介します。芸予諸島を中心とした海人文化について学ぶ機会になれば幸いです。

展示構成
プロローグ 海人の記憶/Ⅰ章 海人の生業 魚を捕る/Ⅱ章 海人の生業 塩を作る/
Ⅲ章 船と海上交通/Ⅳ章 上島町宮ノ浦遺跡発掘調査速報/エピローグ 瀬戸内の海人の再評価にむけて
主な展示資料
四国中央市上分西遺跡出土九州型石錘(愛媛県教育委員会蔵) ※画像1
今治市糸大谷遺跡出土土錘(愛媛県教育委員会蔵)
「漁業旧慣調べ」部分(写真)(愛媛県立図書館蔵)
今治市多々羅遺跡出土製塩土器(愛媛県教育委員会蔵) ※画像2
今治市新谷森ノ前遺跡出土絵画土器((公財)愛媛県埋蔵文化財センター蔵)
今治市火内遺跡出土祭祀遺物(愛媛県教育委員会蔵/当館保管) ※画像3
今治市糸大谷1号墳出土遺物(愛媛県教育委員会蔵)

※画像1 ((公財)愛媛県埋蔵文化財センター提供)

※画像2 ((公財)愛媛県埋蔵文化財センター提供)

※画像3

関連講座
考古講座
開催日時 講座名・講師
2019年5月19日[
13:30~15:00
上島町宮ノ浦みやんな製塩遺跡と瀬戸内海人文化
槙林 啓介氏(愛媛大学アジア古代産業考古学研究センター准教授)
2019年6月1日[
13:30~15:00
古代の瀬戸内海航路と津々浦々
谷若 倫郎氏(瀬戸内海考古学研究会副代表)
※事前申し込みが必要です。詳しくは博物館までご連絡ください。
>>お申し込みはこちら




「よろいかぶと」
開催期間 2019年4月20日[土] ~ 6月16日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
会場 文書展示室
休館日 月曜日(但し、第一月曜日は開館、翌日休館・4月27日~5月6日は開館)
観覧料:
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 日本では、むかしからさまざまな戦いがくり返されてきました。「よろいかぶと」は、戦いのとき、矢や刀などの攻撃から自らの体を守るための武具です。
 この展示では、江戸時代の大名家に伝わった「よろいかぶと」を中心に、館蔵の武具を展示します。また、体験コーナーでは、兜(かぶと)を着用して写真撮影もできます。
 「端午の節句」に「よろいかぶと」などをかざることは、わざわいから身を守り、子どもの健やかな成長を祈る習わしとして江戸時代から広まりました。この機会に、貴重な「よろいかぶと」や武士が備えた武具の数々をご覧いただくとともに、兜をかぶることで歴史を体感してみてください。


紺糸威桶側二枚胴具足(大洲藩主加藤泰興所用)
江戸時代前期/如法寺蔵・当館保管
大洲市指定文化財
大洲藩2代藩主加藤泰興(慶長16(1611)年~延宝5(1678)年)が、寛永14(1637)年に島原の乱が起こった際、出陣するために用意した「よろいかぶと」。兜と陣羽織には鵜の羽毛を植え込まれており、個性的な作り。
緋色段塗二枚胴具足(松山藩主松平定功所用)
江戸時代中期/当館蔵
鎧を入れる櫃に「定功公光輝院様」と貼り紙があることから、松山藩7代藩主松平定功の「よろいかぶと」と考えられます。胴をはじめいろいろな部分が、赤色・銀色・黒色・金色の漆で塗り分けられており、大名が持つにふさわしく見た目にも華やかな作り。
紺糸威二枚胴具足(伝土居清良所用)
安土桃山時代~江戸時代初期/宇和島市教育委員会蔵・当館保管
宇和島市指定文化財
大森城(宇和島市三間町)の城主・土居清良の子孫のもとに伝わった「よろいかぶと」です。全身をおおう様々なパーツが完全に揃った当世具足。戦乱に明け暮れた時代にふさわしく、実戦的でシンプルな作り。

関連事業
よろいの着付け体験
日時 5月4日[]~6日[月・祝
10:00~12:00/13:00~16:00
※受付は9:30~最終受付15:30
※定員になり次第終了いたします。
定員 各日先着60名
場所 文書展示室内
※参加には当日の常設展観覧料が必要です。(中学生以下は無料)



トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)