愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 
テーマ展
「久万高原町発掘50年の足跡」
開催期間 平成29年3月25日[土]~9月3日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
会場 考古展示室
休館日 月曜日
※ただし第1月曜日は開館、翌火曜日が休館。祝日及び振替休日にあたる場合は、直後の平日が休館。
観覧料:常設展観覧券
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 本展では、近年発掘成果の著しい“久万高原町”にスポットを当て、いにしえより豊かな自然の恵みを生活の基盤としていた先人たちのくらしぶりを紹介します。また、平成28年度に、県内外の研究者と共同で行った当館保管の上黒岩岩陰遺跡出土遺物の資料整理の成果(『資料目録』第25集)も合わせて展示いたします。考古資料や関連資料等から、“遺跡”を身近に感じていただき、その当時のくらしや文化を探ることで、久万高原町の魅力について再発見していただければ幸いです。

展示構成
第 1 章:上黒岩岩陰遺跡50年史
第 2 章:当館保管の上黒岩岩陰遺跡出土遺物 ―[平成28年度]資料整理の成果報告―
第 3 章:久万高原町の遺跡 ―採集品から最新の資料まで―
関連展示①:上黒岩岩陰遺跡の前夜 ―えひめの旧石器時代―
関連展示②:縄文文化成立期の遺跡紹介 ―えひめの縄文時代草創期・早期―
主な展示資料
上黒岩岩陰遺跡・上黒岩第2岩陰遺跡・山神遺跡・笛ヶ滝遺跡・生姜駄場遺跡・父二峰遺跡・芋坂遺跡・由良野Ⅱ遺跡・竹口氏所蔵資料 ほか

1.上黒岩岩陰遺跡
(久万高原町教育委員会提供)

2.上黒岩岩陰遺跡:隆起線文土器
(愛媛県教育委員会蔵/当館保管)

3.上黒岩岩陰遺跡:有茎尖頭器
(愛媛県教育委員会蔵/当館保管)

4.上黒岩岩陰遺跡:押型文土器
(愛媛県教育委員会蔵/当館保管)

5.上黒岩岩陰遺跡:石鏃
(当館蔵)
 
関連講座
平成29年6月3日(土)
「テーマ展「久万高原町発掘50年の足跡」のみどころ」 兵頭勲(当館学芸員)
平成29年7月22日(土)
「久万高原町の考古学事情」 遠部慎氏(久万高原町教育委員会 学芸員)
※事前申込が必要です。
>> 関連講座のお申し込みはこちら




「よろいかぶと」
開催期間 平成29年4月22日[土]~6月25日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
会場 文書展示室
休館日 月曜日(ただし第1月曜日は開館、翌火曜日が休館。)
観覧料:常設展観覧券
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 日本では、むかしからさまざまな戦いがくり返されてきました。「よろいかぶと」は、戦いのとき、矢や刀などの攻撃から自らの体を守るための武具です。
 この展示では、古代のよろいから、江戸時代の大名家に伝わったものまで、「よろいかぶと」の移り変わりを、大人から子どもまで楽しめるように解説します。また、体験コーナーでは、頭を守る兜を着用して写真撮影もできます。
 「端午の節句」に「よろいかぶと」などをかざることは、わざわいから身を守り、子どもの健やかな成長を祈る習わしとして江戸時代から広まりました。この機会に、貴重な「よろいかぶと」の数々を見て、そのあゆみを学ぶとともに、兜をかぶることで歴史を体感してください。

主な展示資料
  • 紺糸威二枚胴具足(伝土居清良所用) 安土桃山時代~江戸時代初期/宇和島市教育委員会蔵・当館保管
  • 紺糸威桶側二枚胴具足(大洲藩主加藤泰興所用) 江戸時代前期/如法寺蔵・当館保管
  • 緋色段塗二枚胴具足(松山藩主松平定功所用) 江戸時代中期/当館蔵

紺糸威二枚胴具足(伝土居清良所用)
安土桃山時代~江戸時代初期/宇和島市教育委員会蔵・当館保管
宇和島市指定文化財
大森城(宇和島市三間町)の城主・土居清良の子孫のもとに伝わった「よろいかぶと」です。全身をおおう様々なパーツが完全に揃った当世具足。戦乱に明け暮れた時代にふさわしく、実戦的でシンプルな作り。
紺糸威桶側二枚胴具足(大洲藩主加藤泰興所用)
江戸時代前期/如法寺蔵・当館保管
大洲市指定文化財
大洲藩2代藩主加藤泰興(慶長16(1611)年~延宝5(1678)年)が、寛永14(1637)年に島原の乱が起こった際、出陣するために用意した「よろいかぶと」。兜と陣羽織には鵜の羽毛を植え込まれており、個性的な作り。
緋色段塗二枚胴具足(松山藩主松平定功所用)
江戸時代中期/当館蔵
鎧を入れる櫃に「定功公光輝院様」と貼り紙があることから、松山藩7代藩主松平定功の「よろいかぶと」と考えられます。胴をはじめいろいろな部分が、赤色・銀色・黒色・金色の漆で塗り分けられており、大名が持つにふさわしく見た目にも華やかな作り。



トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)