愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 

特別展
「瀬戸内ヒストリア―芸予と備讃を中心に―」

開催期間 2019年9月21日[土]~11月24日[日]
開館時間 9:00~17:30(入館は17:00まで)
場所 企画展示室、文書展示室、考古展示室
休館日 月曜日
※ただし第1月曜日は開館、翌火曜日が休館。祝日及び振替休日にあたる場合は、直後の平日が休館。
〈開催期間中の休館日〉
 9月24日[火]、9月30日[月]、
 10月8日[火]、10月15日[火]、10月21日[月]、10月28日[月]、
 11月5日[火]、11月11日[月]、11月18日[月]
観覧料 大人※高校生以上 65歳以上 小中学生
特別展のみ 450円(360円) 230円(180円)
特別展・常設展共通観覧料 680円(550円) 340円(270円) 230円(180円)
※( )内は20名以上の団体料金。

 おだやかな海、温暖な気候。そのような自然環境を活かして、海藻を利用する土器製塩が行われるなど、瀬戸内地域では古くから豊かな生活が営まれていました。また、船が発達するにつれて、瀬戸内海は人やモノが行き交う交通の大動脈となり、経済・文化など様々な分野において先進的な地域へと成長していきました。中世を迎えると様々な領主が登場、紛争が絶えなくなり戦国乱世へと突入しますが、信長・秀吉・家康が天下統一を目指す際に、瀬戸内地域は鍵となる地域となり、多くの近世城郭が築かれました。近代には風光明媚な多島美が、日本を訪れた外国人により見出され、観光地としても注目されていきます。
 本展は、瀬戸内しまなみ海道が開通20周年を迎えたことを記念して、4人の学芸員が海上交通・生業・戦い・城郭・ツーリズムをキーワードに、原始・古代から近代までの瀬戸内の歴史を紐解くものです。芸予・備讃の貴重な資料が語る「瀬戸内ヒストリア」の世界を、ぜひお楽しみください。

主な展示資料
  • 蓬莱丸と女性大阪商船ポスター
    大正末期~昭和初期
    高松市歴史資料館蔵
  • 岡山城の姿が詳細に描かれた絵図備前国岡山城絵図(池田家文庫)
    正保年間(1644~48)
    岡山大学附属図書館蔵
  • 美しい瀬戸内海とともに復興する都市高松市街図屏風(寺本左近筆)
    昭和24(1949)
    高松市歴史資料館蔵
  • 四国平定功労者の一族に伝わった鎧紫糸素懸威最上胴腹巻
    室町時代(16世紀)
    岡山県立博物館蔵
  • 瀬戸内海に広がる七色の航路瀬戸内海遊覧絵図
    大正末期~昭和初期
    愛媛県歴史文化博物館蔵
  • 備中高松城主清水宗治の奉納と伝わる大太刀岡山県指定重要文化財 大太刀 銘備州長船秀幸
    長禄3年(1459)
    吉備津神社蔵・岡山県立博物館保管
  • 四国平定の戦功を讃える書状毛利輝元感状(備中赤木家文書)
    天正13年(1585)
    個人蔵
  • 弥生時代の船が描かれた土器松山市樽味高木遺跡3次調査出土絵画土器
    弥生時代後期
    松山市教育委員会蔵

サテライトシンポジウム
サテライトシンポジウム「瀬戸内の近世城郭」
今治城を望む会場で行うシンポジウムです。城の復元イラストの第一人者、香川元太郎氏に基調講演いただくほか、大坂の陣を経た寛永期の徳川政権下、瀬戸内海掌握のために家門大名が相次いで配置された松山城、今治城、高松城について、それぞれの城郭を研究する専門家に事例報告いただきます。
開催日時 10月19日[]13:00~17:00(受付は12:30~)
開催場所 今治市みなと交流センター(今治市片原町1丁目100番地3)
※開催場所にご注意ください。
定員 先着140人 ※申し込み不要
参加費 無料
内容
基調講演「城の復元イラストができるまで」
 講師:香川 元太郎氏(イラストレーター、日本城郭史学会委員)
報告1「事例報告1 松山城」
 講師:井上 淳(当館学芸課長)
報告2「事例報告2 今治城」
 講師:藤本 誉博氏(一般財団法人今治文化振興会今治城学芸員)
報告3「事例報告3 高松城」
 講師:御厨 義道氏(香川県立ミュージアム主任専門学芸員)

関連イベント
船のポストカードをつくろう!
日時 特別展開催期間中(2019年9月21日~11月24日)土曜日日曜日祝日
13:00~15:00
参加費 100円 ※特別展観覧後にアンケートにご記入いただいた方は無料で参加できます。ワークショップ受付にアンケートをご提出ください。
場所 エントランスホール

瀬戸内アコーディオンノートをつくろう
日時 特別展開催期間中(2019年9月21日~11月24日)土曜日日曜日祝日
10:00~12:00/13:00~16:00
参加費 250円(友の会会員は1回200円)
場所 こども歴史館

特別展「瀬戸内ヒストリア」オリジナルワークシートに挑戦しよう!
館内を巡りながら、展示に関わるクイズを解こう!
日時 特別展開催中毎日実施! 9:00~17:30(ワークシート配布は17:00まで)
参加費 共通観覧券が必要です。

関連講座
開催日時 講座名・講師 等
2019年
10月13日[
①10:00~11:30
②13:00~14:30
海の学び講座(体験)「古代の塩づくり―藻塩づくり体験―」
講師:藻塩の会(代表 松浦宣洋氏)
●募集人数/各回20名
●対象/小学生~一般 ※小学生は保護者同伴
●参加費/1,000円程度
●会場/西予市明浜町大早津海岸
●集合場所/愛媛県歴史文化博物館
※バスにて当館から会場まで移動します。
【お申し込み締切】2019年9月29日(日)
2019年
10月27日[
13:30~15:30
海の学び講座(歴史)「戦国乱世の終焉と本能寺の変~岡山ゆかりの史料を中心に~」
講師:内池 英樹氏(岡山県教育庁文化財課副参事)
2019年
11月2日[
13:30~15:00
海の学び講座(考古)「瀬戸内の土器製塩―特産品生産とヤマト政権―」
講師:大久保 徹也氏(徳島文理大学文学部教授)
2019年
11月16日[
8:00~17:00
海の学び講座(バスツアー)「瀬戸内海航路の功労者・広瀬宰平を知る」
●募集人数/27名
●対象/小学生~一般 ※小学生は保護者同伴
●参加費/6,000円程度
●場所/新居浜市
【お申し込み締切】2019年11月2日(土)
※事前申し込みが必要です。詳しくは博物館までご連絡ください。
>>お申し込みはこちら
主催等
主催: 愛媛県歴史文化博物館
協力: 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」
海の学び ミュージアムサポート ロゴ 海と日本プロジェクト ロゴ
後援: 愛媛県市町教育委員会連合会・愛媛新聞社・NHK松山拠点放送局・南海放送・テレビ愛媛・あいテレビ・愛媛朝日テレビ・愛媛CATV・ケーブルネットワーク西瀬戸・八西CATV・西予CATV・宇和島ケーブルテレビ・FM愛媛・FMがいや


トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)