愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 
特別展・企画展
特別展「夏の歴博・おばけ大集合!―浮世絵にみる妖怪の世界―」
開催期間 平成30年7月14日[土]~9月2日[日]
会場 愛媛県歴史文化博物館 企画展示室・文書展示室
開館時間 9:00~17:30(入館は17:00まで)
ただし、8月11日[土]~8月15日[水]は9:00~18:30(入館は18:00まで)
開催期間中の休館日:7月17日[火]
観覧料 大人※高校生以上 65歳以上 小中学生
特別展・常設展共通観覧料 1,000円(800円) 600円(480円) 350円(280円)
特別展のみ 700円(560円) 350円(280円)
※( )内は20名以上の団体料金。

 妖怪(おばけ)や幽霊への関心や好奇心は古来より尽きることなく、現代でも怖れられ、あるいは親しまれています。本展では、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳、月岡芳年などが描いた奇抜で恐ろしい浮世絵や肉筆画、約120点を展示し、江戸時代から続く妖怪(おばけ)の世界を紹介します。個性豊かな妖怪たちが織り成す、奇々怪々な世界を、ご家族連れで、ぜひお楽しみください。

展示項目
(1)ようこそ!おばけの世界へ 導入部・代表的なお化け浮世絵を紹介します。
(2)おばけになった動物たち 猫・狸・狐・大蛇など動物おばけを紹介します。
(3)おばけを退治したヒーローたち 源頼光、金太郎など妖怪退治の英雄を紹介します。
(4)おそろしい幽霊たち お岩さん、お菊さんなど幽霊浮世絵を紹介します。
(5)描かれた幽霊の姿 文書展示室で、幽霊の肉筆画を紹介します。

主な展示資料

月岡芳年「新形三十六怪撰 源頼光土蜘蛛ヲ切ル図」

歌川国芳「相馬の古内裏・滝夜叉姫と大骸骨」

葛飾北斎「百物語 小幡小平次」

歌川国貞(三代豊国)「東海道四谷怪談」

歌川広重「平清盛怪異を見る図」

豊原国周・歌川国梅「天竺徳兵衛・尾上菊五郎」

展示をよく見て参加しよう!
「OBK48~夏の妖怪・選抜総選挙~」
 NO.1妖怪を目指す妖怪たちを君の力でプロデュースしよう!素敵なキャッチコピーを考えて推し妖怪をスターの道へ導こう!
投票数の多かったトップ7の妖怪を選出し、その妖怪に1番ふさわしいキャッチコピーを考えてくれた7名の方には歴博グッズや妖怪グッズをプレゼント!
途中経過はHPやブログで公開するので、チェックしよう!
■応募期間/平成30年7月14日[土]~9月2日[日]
■場所/愛媛県歴史文化博物館 企画展示室
■参加費/当日の特別展観覧券または共通観覧券が必要です。
■応募方法/展示室内にある投票コーナーでキャッチコピーを記入して投票。

「夏の歴博・妖怪クロスワード!」
 展示室に潜む妖怪を探しながらクイズに答えて1つの言葉を導き出そう!
■開催期間/特別展会期中は毎日(休館日を除く) 9:00~17:30(シート配布は17:00まで)

関連行事
講演会(ギャラリートーク)
平成30年7月29日[日]13:30~15:00 特別展観覧料が必要
講師/中右瑛氏(国際浮世絵学会常任理事)「奇想天外!お化け浮世絵を楽しむ」

手話通訳付き解説会
平成30年8月4日[土]13:30~15:00 特別展観覧料が必要
講師/大本敬久(当館学芸員)・通訳協力/愛媛県聴覚障害者協会
「日本の妖怪(入門編)―浮世絵にみるおばけの世界―」

体験イベント「浮世絵摺りに挑戦!~妖怪編」
特別展会期中の土曜日 13:00~15:00
■会場/エントランスホール
■材料代/100円
※夏休みイベント期間の8月11日[土]はお休みです。

展示室付近に巨大妖怪パネルが登場!記念写真を撮ってみよう!

主催等
催: 愛媛県歴史文化博物館
企画協力: 株式会社アートワン
援: 愛媛県市町教育委員会連合会・愛媛新聞社・NHK松山放送局・南海放送・テレビ愛媛・あいテレビ・
愛媛朝日テレビ・愛媛CATV・ケーブルネットワーク西瀬戸・八西CATV・西予CATV・
宇和島ケーブルテレビ・FM愛媛・FMがいや



トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)