愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 
特別展・企画展
特別展「古地図で楽しむ伊予」
開催期間 平成30年9月15日[土]~11月25日[日]
会場 愛媛県歴史文化博物館 企画展示室
開館時間 9:00~17:30(入館は17:00まで)
開催期間中の休館日 9月18日[火]、25日[火]、
10月2日[火]、9日[火]、15日[月]、22日[月]、29日[月]、
11月6日[火]、12日[月]、19日[月]
観覧料 大人※高校生以上 65歳以上 小中学生
特別展のみ 450円(360円) 230円(180円)
特別展・常設展共通観覧料 680円(550円) 340円(270円) 230円(180円)
※( )内は20名以上の団体料金。

 明治時代以降につくられた近代地図に対して、江戸時代以前の地図を古地図といいます。古地図は一般には絵図ともいわれ、その名のとおり、絵画的な手法により表現されていることに特徴があります。本展は江戸時代の伊予が描かれた古地図を一堂に集めて、その個性豊かな世界を紹介します。
 展示される絵図の多くは、愛媛県立図書館から当館に管理換えをしたもので、初公開になります。それらは、明治時代になり愛媛県が伊予を治めていた旧藩から引き継いだもので、藩行政上のさまざまな目的によって作成されたものといえます。
 伊予の各藩が協力して作成し、幕府に提出した伊予国絵図をはじめ、国指定重要文化財になった目黒山形関係資料に関連する裁許絵図、幕末期に宇和島藩が測量技術に基づき作成した村絵図などを展示します。最大級の伊予国絵図から村絵図まで、マクロやミクロの視点で対象を捉えた美しい古地図の数々をお楽しみください。

主な展示資料

宇和島城下絵図 安永5(1776)年
当館蔵

保田村絵図(部分) 江戸時代後期
当館蔵

大洲藩の測量技術を伝える測量具
半円器(半円方位盤) 文化14(1817)年
大洲市立博物館蔵

幕府役人による測量の様子を描いた挿絵
「西條誌」(予州四手坂峯分間之図) 天保13(1842)年
当館蔵

元禄伊予国絵図(宇和郡) 元禄15(1702)年
当館蔵
(大型出力による展示)
 

関連イベント
古地図でレトロなバッグをつくろう!
日時 特別展開催期間中(平成30年9月15日~11月25日)土曜日日曜日祝日
10:00~12:00/13:00~16:00
材料代 200円(友の会会員は1回150円)
地図記号クッキーをつくろう!
日時 特別展開催期間中(平成30年9月15日~11月25日)土曜日日曜日祝日
13:00~15:00
※11月10日[土]・11月11日[日]はお休み
定員 先着16名
材料代 300円(友の会会員は1回200円)

関連講座
開催日時 講座名・講師 等
10月6日[
13:30~15:00
〈歴史④〉
特別展「古地図で楽しむ伊予」関連講座①「17世紀伊予の古地図を観察する」
講師:柚山俊夫氏(愛媛県立伊予高等学校教諭)
10月13日[
13:30~15:00
〈歴史⑤〉
特別展「古地図で楽しむ伊予」関連講座②「江戸時代の測量と地図」
講師:上杉和央氏(京都府立大学准教授)
10月20日[
13:30~15:00
〈歴史⑥〉
特別展「古地図で楽しむ伊予」関連講座③「国絵図、村絵図を読み解く ―新発見、西山田村絵図の観察―」
講師:井上淳(当館学芸課長)
11月24日[
13:30~15:00
〈歴史⑧〉
特別展「古地図で楽しむ伊予」関連講座⑤「伊能忠敬と伊予の測量家」
講師:井上淳(当館学芸課長)
10月28日[
8:30~17:00
〈体験⑥〉 【バスツアー】親子で参加OK
特別展「古地図で楽しむ伊予」関連講座④「絵図に描かれた遍路道を歩く(愛南町)」
講師:織田浩史氏(愛南町教育委員会生涯学習課)
参加費:3,000円
対象:愛媛県内の小学生~一般
募集締切:10月14日[日]

※事前申し込みが必要です。詳しくは博物館までご連絡ください。
>>お申し込みはこちら

主催等
催: 愛媛県歴史文化博物館
援: 愛媛県市町教育委員会連合会・愛媛新聞社・NHK松山放送局・南海放送・テレビ愛媛・あいテレビ・
愛媛朝日テレビ・愛媛CATV・ケーブルネットワーク西瀬戸・八西CATV・西予CATV・
宇和島ケーブルテレビ・FM愛媛・FMがいや



トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)